ボス、ご無沙汰しております。
ここには初めて書き込みします、美術科22期卒業の森山です。

あれから一年ですか、早いものですね。
未だに思い出しては涙してしまいます。
でもたまに夢の中でお会い出来ているのが嬉しくてたまらないです。

恥ずかしながら自分は未だに浪人の身で、ボスが喜んでくれるような報告が出来なくて申し訳ないです。
毎年、自分が受験の結果を報告しないものだから、芸大の合格発表日の数日後にボスから「受験どうだった?(*^o^*)」とやたら女子力の高い顔文字つきのメールが送られてくるのが恒例でしたね、あれ恐怖でした←


去年はそのメールがいつまで経っても来ませんでした。
当然ですよね、でもその時にボスがいなくなってしまった現実を突きつけられたような気がして携帯を握りしめながら、わんわん泣きました。

自分にとって沢山の色んな先生方との出会いの中でも、ボスは砂の中から見つけた金の粒(*納豆ではない)みたいな人で、最初で最後の恩師でした。
たくさん怒られたし、衝突することもあった、「頑張る事は当たり前」とか言っときながら、でもなんだかんだ努力してた事を誰よりも認めてくれました。

辛くなってウジウジ思い悩んでいる時、ボスを思い出して奮い立たせてます。


もう光陵に遊びに行っても、あの絵画準備室にボスはいないんだと思うと悲しくて仕方ないですが、ボスがいなくなってしまった悲しみに目を向けるより、ボスと一緒に過ごしてきた時間の中で得られたものを大切にしていきたいです。
自分もいつか逝くときに、ボスに胸を張って沢山良い報告が出来るような人生を送っていきたいものです。


有難うございました。
ご無沙汰しております。