画像1
 別人に作曲させていたことや、全ろうを偽っていたことが発覚した佐村河内守さん(50)が、
代理人を通じて日本音楽著作権協会(JASRAC)に接触していることが17日、分かった。
代理人は印税に関する話し合いをする意向を明かしており、佐村河内さんの著作権を
主張するとみられる。問題発覚後、印税の支払いは凍結されているが、その解除やこれまでに
受け取ったとみられる数千万円の行方が注目される。

 “疑惑のベートーベン”が生み出した収入はどこへ行くのか。
佐村河内さんサイドが、JASRACに接触していることが判明した。

 2月に最初の代理人が辞任してから、今月12日に弁護士の
山縣敦彦氏、秋山亘氏が新たに代理人に就任したことが判明。
この日までに「(印税に関する問題を含めて)話し合いをしていく」と明かした。
JASRACもこの日、佐村河内さんサイドからの接触を認めた。

 JASRACによると、佐村河内さんが作曲者として登録されている楽曲は103曲。
CDの売り上げやコンサートでの使用など、印税の支払いは年4回で、次の振り込み予定日は
今月末という。だが、関係者は「問題の発覚により佐村河内さんの印税は凍結された状態」と明かした。